Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ロレックス偽物はやはり時計の王道、新たな精度と実用性をリードす

2016年のバーゼルワールドで、ロレックス(ROLEX)は、自社の輝かしい歴史を継承しつつ、新たな領域へと踏み出す重要な製品を多数、ロレックス偽物時計を発表した。
その代表が、新しい「オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ(OYSTER PERPETUAL COSMOGRAPH DAYTONA)」や、40mmケースの「オイスター パーペチュアル エアキング(OYSTER PERPETUAL AIR-KING)」など。

また、不変のエレガンスを体現するチェリーニ(Cellini)」コレクションには、バーインデックスダイアルの「チェリーニ タイム(Cellini TIME)」や、第二タイムゾーン表示機能搭載の「チェリーニ デュアルタイム(Cellini DUAL TIME)」、ポインターデイト表示機能付きの「チェリーニ デイト(Cellini DATE)」の新たなバリエーションが発表された。www.show361.com

さらにロレックスコピーは、新作の「オイスター(OYSTER)」と自動巻の「チェリーニ」、すべてに適用される、新たな自社内における認定“Superlative Chronometer(高精度クロノメーター)”を2015年に発表した。
この自社認定は、ムーブメントをケースに収めた後に、公認クロノメーター基準の2倍以上にあたる高精度である平均日差-2~+2秒以内に調整される。
こうして着用時に精度、パワーリザーブ、防水性能、自動巻きなどにおける最高の性能を発揮することを保証したロレックスコピーは、従来の時計業界における標準的な規定より、さらに厳しい性能基準を再定義し、さらに一歩先へと踏み出したのである。


本文url:http://www.show361.com/445/987.html