Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ヴァレンティノ実用とエレガンスを併せもつ

クリーンなイメージをもつプレッピースタイルは、オンオフ問わず使いやすいのが魅力。しかしカレッジ的な若々しさがともなうものでもある。その子どもっぽさを払拭し、エレガンスの極みにまで高めてくれる靴のヴァレンティノコピー、それこそがもつ、真の魅力といえよう。

スリッポンタイプの靴にはさまざまな種類があるが、もっともわかりやすいのがローファーではないだろうか。その起源は英国でオーダーされたルームシューズにあるというが、脱ぎはきしやすい形状は実に理にかなっている。これはヨーロッパの室内ばきとしてだけではなく、日本においてもその利便性は変わらない。特に室内で靴を脱ぐという習慣があるだけに、スーパーコピー 財布のローファーは便利かつ馴染みのある靴でもある。

とはいえプレッピースタイルに多く使われることも多く、印象として若干のあどけなさが残ってしまうのも事実。その一因となるのが、ローファーのデザインの印象を決定づける、アッパーの部分のモカ縫い。これがあることによって、いわゆる一般的なローファーとして視覚的に認識されてしまうため、大人っぽい着こなしに合わせることをかんがえると、異なる方面からのデザインへのアプローチが必要となる。

それを可能としたのが、ヴァレンティノの新作「WELLS(ウェルズ)」だ。オーセンティックなローファーをあたらしいかたちへと進化させることができたのは、伝統をふまえたうえで、モダンな感性を吹き込んだアーティスティック?ディレクター、パウラ氏の力によるところが大きい。

同じローファーとはおもえないほどに、美しい仕上がりをもつ「ウェルズ」はモカ縫いがないだけで、ここまで印象が異なることを教えてくれる。新ラストとなる「2015」を使用していることもあり、その印象は細く、エレガントなもの。カレッジの学生がはくような実用性を重視した武骨さは感じられず、むしろスーツなどと合わせたくなる上品さが漂うブランドスーパーコピーである。


文章URL:http://www.roybags.com/VALENTINO/384/696.html